「シェアハウス 岡山」と検索すると1位に表示されるようになりました!

ギー岡のWebサイトを立ち上げてまだ半年も経っていませんが、google検索にて「シェアハウス 岡山」で検索すると1位に表示されるようになりました。
「岡山 シェアハウス」で検索してもシェアハウスの公式サイトとしては一番上に出てきます。
特に外部から何か対策をしたわけでもないで、岡山にまだまだシェアハウスが少ないということだと思います。

ただ、やはり何件かは他にもシェアハウスがある訳で、他所様の住人に比べると、Webに強い人が集まっているのがギークハウスの特徴なのでここは負けられないなと思っていたとこでもあります。

他のギークハウスも「地域名+シェアハウス」で検索したら1位に表示されるのかなと思って調べてみたところ意外と出てこないんですね。
皆さんそこらへんはあまり力を入れられてないようで、集客にはあまり困ってないのでしょうか。

まぁたしかに「地域名+シェアハウス」で調べてくる人はインターネットやプログラマ云々関係なしに純粋にシェアハウスを探してる場合が多いのでコンバージョンが低いとも考えられます。
しかしながらそんな事は言ってられないのがギー岡の現状。先日ギークハウス南千住が住人2名になり解散の危機に瀕していた(危機は無事回避)ようですがそこいくとギー岡はオープンした瞬間から解散の危機にあるかんじです。googleの手も猫の手も借りたいです。

ギークならはじめからギークハウスの存在くら知ってるだろ…というのはいささか傲慢でしょうが、やっぱりギークハウスに入居する方ってTwitterとかで一度くらい耳にした事がある方が多いのではないでしょうか。

というかギークハウスの存在を知らず、ネットで「地域名+シェアハウス」で調べて入居に至った方ってどれくらいるのか気になります。
あと、「インターネットに全く興味ありませんっ!今後も興味持つ予定はありませんっ!けど入居したいですっ!」って方がいたら運営者さんはどうするのでしょう?
だれでもかれでも入居OKしてたらギークハウスの意味がなくなってしまいますが、かといってあまり選りすぐっていると人が集まらないです。

コンセプト型のシェアハウスはそこが難しいです。住人の質がそのままシェアハウスのコンテンツになります。
住人同士のコミュニケーションが前提でないシェアハウスなら物件自体がコンテンツなので建物がキレイだったり利便性さえ高けりゃ住人集まりますからね。

まぁギー岡は物件キレイじゃないし特に利便性が高いわけじゃないですけどね。

もし空き部屋をAirbnbなんかで貸せる環境が整ったら「岡山ゲストハウス」的なキーワード狙っていってもいいかもな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です